アニーこども福祉協会 ブログ

児童養護施設の子ども達をディズニーランドにご招待

disny_1.jpg


9月6日。第6回「東京ディズニーランドご招待」を開催しました。
協賛は「EMCジャパン株式会社」様です。

ご招待したのは「東京都片瀬学園」「茅ヶ崎ファーム」の子ども達です。総勢70名での参加となりました。

「茅ヶ崎ファーム」さんは今回が初参加でした。そのためか、子ども達は少し緊張しているようにみえました。しかし、いざバスを目の前にするとディズニーランドへのワクワクが高まってきたようで、「おはようございます!」と元気に挨拶をして乗り込みました。

続いて片瀬学園の子ども達もバスに乗り込みます。子ども達と、施設の先生、ボランティアスタッフが乗り込みバスは横浜駅を8時30分に出発しました。

ディズニーランドに近づくにつれ、新しく出来たばかりのホテルが見えてきました。「アラジンのお城みたい!」「もう着いた〜!」と、車中は大騒ぎです。

朝、5時に起きたとは思えないテンションの高さです。

ディズニーランドのフォトガーデンに到着すると、「EMCジャパン」の社員のボランティアスタッフさん(20名のお兄さん、お姉さん)と合流して、グループ毎に入園しました。


disny_2.jpg


この前日は関東地方のあちこちでゲリラ的降雨があった為、天気が心配されましたが、今日は大丈夫のようです。天気よりも満開の笑顔の子ども達は、それぞれのグループ毎に目的の場所に向かい、あっという間に見えなくなっていました。

「カリブの海賊」でジャック・スパロウを見つけて大喜びの子や、「怖いよ〜」と思わず泣き出してしまう子。「スペースマウンテン」で大はしゃぎしてゲラゲラ笑う子や、初めての体験で少し酔ってしまい、若干凹み気味になってしまった子。

ファストパスを利用して、どんどんアトラクションを進んでいくグループやお土産を先に買ってのんびり進むグループ。11のグループがそれぞれ11通りの楽しみ方を満喫できたようです。


disny_3.jpg


また、スタッフのお兄さん、お姉さんに親切にして頂き、心を許してくれたのか、「抱っこ、おんぶ〜して〜」とたくさん甘えていました。まるで、親戚の子を大勢連れてきているような光景でした。

集合写真の撮影後、全員がお土産を頂いて大喜びも束の間、あっという間にお別れの時間になってしまいました。

朝は少し恥ずかしそうにしていた子ども達も、緊張気味だったEMCの社員の皆さんも最後はとても仲良くなったようで、

しきりに「どうしてバスに乗っていかないの?」「バイバイ、遊んでくれてありがとう」
と、別れを惜しんでいました。

アニーこども福祉協会のスタッフ4名はバスに乗り込み「東京都片瀬学園」経由「茅ヶ崎ファーム」へと子ども達を無事にお送りしました。

心配していたお天気にも恵まれ、そして何よりご寄付だけでなく、ボランティアスタッフとしてご参加頂き、子ども達と交流して下さったEMCジャパンの皆様には大変お世話になりました。皆様の暖かいお人柄に心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。