アニーこども福祉協会 ブログ

児童養護施設の子ども達を「大磯ロングビーチ」にご招待

皆さんにとって子どもの頃の夏休みの思い出は何ですか?
家族で海に遊びに行き、その感想を絵日記に書いたり、近所の友達とスイカを食べたり、お父さんと一緒にカブトムシを獲りに行ったり。

しかし、施設で生活しており、夏休みも親元に帰れない子がいます。
そんな子ども達のために毎年、「夏休み映画鑑賞会」を開催していましたが、今年は施設の職員の方のご協力もあり、「大磯ロングビーチ」に行くことが決まりました。

朝8時40分施設を出発し、10時に現地に到着しました。

今年の夏は曇ったり、いきなり雨が降ったりと、お天気がハッキリしなくて当日まで心配していましたがプール日和の良いお天気になりました。日差しが眩しく、子ども達は今すぐにでもプールに飛び込みたそうな顔をしていました。

あっという間に着替えて流れるプールに入り、大人たちと一緒にどんどん流れていきます。中には「1周してきた〜!」「もう2周目だよー」と報告しにきてくれる子まで居ます。「もう、飽きた?」と聞くと「まだまだ!」と元気にプールに戻ります。

09080703.jpg

お昼時の混雑を避けるために、11時には食事になりました。「お腹が空いた人ー?」と聞くと、全員の手が上がります。流石にあれだけ泳ぎ回るとお腹も空くようです。

施設では団体行動が主になり、自分の好きなものを買うチャンスは多くありません。そこで今回は、それぞれが食べたい物を買ってランチタイムです。

09080702.jpg

食べ終わったら、少し休憩してひと段落するのかと思いきや、子ども達はあっという間にプールに繰り出していきます。どうやら今度はスライダーに挑戦する子もいるようです。

09080704.jpg

2時30分には人数点呼の為に、おやつタイムと称して子ども達を再び集めました。アイスクリームを食べながら「スライダーやったよ!」「飛び込み台、3メートルから3回飛び込んだ!」「えっ、私も3回だよ!」と、子ども達は興奮気味に話していました。

「後もう少しで帰るよ」という言葉に「え〜じゃあもう一回!」と急いでプールに向かいます。

そして3時30分。すっかり真黒に日焼けした子ども達を乗せて大磯ロングビーチを出発しました。車の中ではお菓子を食べて、疲れたのかうつらうつらと眠っているもいました。きっと、今夜はみんなぐっすりだね。

09080701.jpg

生まれて初めての大磯ロングビーチ。とっても楽しんでくれたようで、ある子は「絵日記を今夜書く!」と宣言していました。

会員の皆様、寄付をして下さった皆様、本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。