アニーこども福祉協会 ブログ

児童養護施設の子ども達をハロウィンイベントにご招待

10月にEMCジャパン(株)様 にご協賛いただき、児童養護施設でハロウィンイベントを開催しました。10月24日には「鎌倉児童ホーム」にて、そして10月31日には「新日本学園」にて行いました。

前回は9名の社員の方がボランティアスタッフとして参加してくださいましたが、今回は何と18名もの方が参加して下さいました。

初めの挨拶の時には子ども達は緊張している様子でしたが、それぞれがグループに別れ、担当のお兄さんやお姉さん方に声をかけてもらうと、たちまちニコニコと笑顔になりました。

101031_1.jpg

楽しいハロウィンパーティーはまずビンゴゲームでスタートしました。EMCジャパンの方が作成して下さった特製ハロウィンビンゴと英単語を使って遊びました。ビンゴが揃うと子ども達にはキャンディーで作られたレイがプレゼントされます。子ども達は大きな声で「ビンゴ!」と言って得意気な顔でキャンディーレイのプレゼントを受け取っていました。

101031_2.jpg

続いてハロウィンストラップ作りに挑戦します。カボチャのおばけ、コウモリ、クッキー、おばけやビーズを使ってストラップを作ります。小さい子は紐に通すのもちょっと大変で、四苦八苦していた様子です。スタッフの皆さんにお手伝いして頂いて一生懸命作りました。

さらにお菓子を入れる袋も作りました。大きな模造紙を使ってお菓子を入れる袋を折っていきます。
紙が大きいので、1人ではとても折ることはできません。スタッフの方と子ども達で協力しながら何とか折ることができました。袋にはアルファベットで自分の名前を書きます。分からない子はスタッフの方にスペルを教えてもらったり、中には「書いて〜」と甘えて、書いてもらったりする子もいました。

101031_3.jpg

最後には「トリック・オア・トリート」と口にしながら、スタッフの方から一人ずつお菓子を貰っていきました。「これって、どんなお菓子?」「初めてみた!!」と子ども達は素敵なリアクションを見せてくれます。外国製のお菓子を頂いたので、今まで見た事がないお菓子ばかりだったようです。
お菓子を溢さない様に袋を大切に抱っこして、皆で集合写真を撮影しました。いつもはカメラ目線の子ども達ですが、お菓子が落っこちそうで気になってちょっと頑張った顔で写りました。

101031_4.jpg

101031_5.jpg

約2時間のイベントはあっという間に終わってしまいました。その間、お膝に座らせて頂いたり、肩車をしていただいたりと、スタッフの皆様には大変お世話になりました。子ども達はハロウィンと英語をとっても身近に感じた楽しい一日を忘れないでしょう。

101031_6.jpg

101031_7.jpg

EMCジャパン(株)の皆様、休日返上で参加して下さいましてどうもありがとうございました。
心から感謝申し上げます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。