アニーこども福祉協会 ブログ

第15回「児童養護施設の子ども達を東京ディズニーランドにご招待」

1月6日に第15回となる「児童養護施設の子ども達を東京ディズニーランドにご招待」イベントを開催しました。

今回は千葉県の子山ホームの子ども達23名が参加してくれました。さらには職員の方4名とボランティアスタッフさん12名を合わせて総勢39となりました。

子山ホームさんには昨年12月23日に施設訪問させて頂きました。山の上にある施設で、外房の海がよく見えたのが非常に印象的です。クリスマス前なので、可愛い飾り付けまでしてありました。

11011401.jpg

11011402.jpg

職員の方から子ども達の様子などをお伺いさせて頂きましたが、どこの施設も同様に、資金、人手が足りなくて小学生全員でディズニーランドへ遊びに行った事はないそうです。そのため、今回の招待イベントを大変喜んで下さいました。

そしていよいよ当日です。9時20分にスタッフと子ども達が到着し、顔合わせを行いました。

優しいお兄さん、お姉さんと早速グループ毎に分かれて自己紹介です。集合写真を撮影して、プレゼントしていただいたチケットを手に早速出発です。

11011403.jpg

「一年生のちっちゃい子たちのグループ」「3年生〜5年生の男の子グループ」「3年生〜5年生の女の子グループ」「6年生の男女混合グループ」の4つに分かれて行動することになりました。中にはそのグループ内でジェットコースター系アトラクションが大好き派と苦手派が分かれて、一時的に「別行動」をしたグループもあったようです。

11011404.jpg

パーク内は予想よりも混んでいましたが、最も混むと言われるハロウィンの時期と比べたら、空いており、心配されていたお天気も良く、気持ちの良い一日です。

11011405.jpg

お昼過ぎに「子どもがひとり動かなくなりました」と一報が入り、慌てて駆けつけました。テーブルに伏せて、ぐったりしています。熱も高くとても辛そうにしている子がいました。施設の幼児クラスではインフルエンザが大流行していると聞いていたので、「これは多分インフルエンザだろうな…」と判断し、施設の職員の方と一緒に救護室でしばらくお休みさせて頂いて皆とは別に帰宅しました。

今ではもうすっかり元気になって、グランドで野球をしているそうです。無事に回復してくれてよかったです。

11011406.jpg

11011409.jpg

その後、ジェットコースターに乗れないチームに合流してから「イッツアスモールワールド」「マークトゥイン号」などとても安全な(笑)アトラクションを楽しんだ後、おみやげを買う時間になりました。

お小遣いの中で何が買えるか計算しながら、あっちこっちへおみやげやさんをぐるぐるまわり、真剣に考えた後におみやげを購入しました。

その頃には日も暮れて来て帰りの集合場所へと向かいました、

終わりのご挨拶の後にはサプライズで子ども達におみやげをプレゼントしました。袋の中をのぞいた子ども達から「わ〜っ!」という歓声が上がりました。そして、さよならの時には子どもたちが、スタッフの方達に抱きついて、別れを惜しんでいたのがとっても印象的でした。この光景を見るだけで、今日一日がどんなに楽しかったか想像できました。

いつも、団体行動で誰かを待つ事と自分の好きなように行動できない子ども達が夢の国のディズニーランドで、いつもより少しワガママを言って楽しく過ごせた事は、費用と人力両方がないと出来ない事です。心温かいスタッフさんと一緒に本当に良い思い出になったと思います。

ご寄付だけでなく、当日に引率もして下さった皆様。

ご寄付を下さった皆様、会員の皆様。

ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。