アニーこども福祉協会 ブログ

児童養護施設の子ども達を対象に「花咲けお料理教室」を開催しました

 5月28日に児童養護施設 鎌倉児童ホームの子ども達を対象にしたお料理教室を開催しました。花咲けピクチャーズ株式会社の社員の方々と専属のシェフの方が参加してくださいました。

 児童養護施設で育った子ども達は中学や高校を卒業すると同時に施設も卒園します。すると、自立生活が待っているので、自らの手でお料理をしたり、家事をしたりして生活ていきます。そのため、子ども達の将来のために何かお手伝いすることはできないか、という花咲けピクチャーズ様の提案により、この機会が実現しました。

 小雨がパラつく中、子ども達を施設のある鎌倉までお迎えに行きました。そのまま電車に乗り、大船の西友でお料理の材料を買い揃えます。一般の家庭の子ども達の多くは母親などに連れられてスーパーにお買い物に出かけることがあります。しかし、施設の子ども達はお買い物に行く機会が多くはありません。自分たちの手でお買い物をする、という経験もとても貴重なことなのです。

 早速、グループに分かれてそれぞれ必要なものを探します。子ども達は手にしたリストを見て一生懸命です。「見つけたよー!」という声があちこちであがり、材料は無事に全部揃いました。

 そのまま材料を持って「玉縄学習センター」に向かいました。こちらの調理室を借りてお料理をします。花咲けピクチャーズのシェフは既にこちらで準備をして待っていて下さいました。

 それぞれが自己紹介をして、早速お料理教室がスタートしました。今日のメニューは「スパゲティナポリタン」「サラダ」「バナナチョコクレープ」の3品です。

11052801.jpg

11052802.jpg

 普段なかなか料理をする機会が無いためか、「切りたーい!」「炒めたーい!」と子ども達はすごく前向きです。シェフの指示やアドバイスに従って料理を作っていきました。

11052803.jpg

 お皿にキレイに盛り付けを済ませると完成です!子ども達は、自分たちが作った料理をとてもおいしそうに食べていました。小さい体なのに2人前も食べた子もいました。

11052805.jpg

11052804.jpg

 さて、スパゲティとサラダを食べ終わると、今度はシェフが作ってきてくれたクレープの皮をつかってデザートのバナナチョコクレープ作りに挑戦しました。バナナ、チョコ、アイスをのせて三角に包んで食べました。これには子ども達も大満足で「おいしい〜」と太鼓判を押していました。

11052806.jpg

11052808.jpg

11058210.jpg

 食べ終わったらいよいよ後片付けです。子ども達は、お料理の経験こそ少ないですが、施設の生活の中で後片付けをすることはあるようです。それぞれとても手際よく片付けることができました。

11052809.jpg

 楽しかった時間もあっという間に過ぎてしまいました。施設に帰ってくると、みんなで「どうもありがとう!」「また来てね!」とご挨拶してくれました。子ども達は施設の中でお料理を作ることも、作っているところを見る機会もあまりありません。園長先生が「とても貴重な経験でした。子ども達が満足そうで楽しげな顔で帰ってきたのが良かったです。」
と言われていたのが印象的でした。

 ご協力して下さった、花咲けピクチャーズの皆さま。
本当にありがとうございました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。