アニーこども福祉協会 ブログ

第18回 児童養護施設の子ども達を東京ディズニーランドにご招待

 2012年の1月9日に、児童養護施設の子ども達をディズニーランドにご招待するイベントを開催しました。これまでで計18回の開催となりました。千葉県の児童養護施設「子山ホーム」の子ども達と職員の方々、そして、ボランティアの皆様と総勢35名での参加となりました。

12010901.jpg

 入口ではキャラクターが出迎えてくれて、子ども達は早速大喜びです。「あの子とも一緒にとりたい!」「今度はこっち!」とはしゃいで、次から次へと写真を撮ってもらうので、施設の職員の方が「今日は一日中ここにいるのかしら?」と声をかけるほどでした(笑)

120109002.jpg 12010903.jpg

 快晴に恵まれたこの日は、成人の日ということもあり、振り袖を着た若い人の姿もあちらこちらで見られましたが、とても空いており、子ども達ものびのびとパークを歩き回りました。

 私は今回、小学校1〜2年生のグループと一緒に回ることになりました。その中に、一年生にも関わらず、マイケル・ジャクソンが大好きな子がいました。「スリラー」や「ビートイット」といった名曲を口ずさんでみるほどで、「何のアトラクションに乗りたいの?」と聞くと、迷わず「キャプテンEO(※)!」と即答する程でした。最前列で「かっこいい!」「飛び出てきた!!」と大満足の様子でした。

※キャプテンEO…宇宙船のキャプテンに扮したマイケル・ジャクソンのダンスや歌が
3Dスクリーンで楽しめる人気アトラクション。

12010904.jpg

 私たちのグループには小さい子どもたちが多いので、ジェットコースターには乗れず、メリーゴーラウンドや、イッツアスモールワールドといったアトラクションを回りました。

12010905.jpg

 ランチを食べたら、午後からはパレードを見ました。中には初めてパレードを見る子もいて、大盛り上がりです。色々なところを見るのに夢中で、キャラクターに手を振りながらも、あちらこちらに目移りしてしまうほどでした。

 最後には、お土産を子ども達ひとりひとりにプレゼントしました。「また来たいよ〜!」「また呼んでね!」「ありがとう!」と、マイクロバスの窓から何度も手を振ってくれた姿がとても印象的でした。

 参加してくださったスタッフの皆さんからも、「子ども達が喜んでくれたので、こちらまで嬉しくなった」という感想をいただきました。ありがとうございました。

 ご寄付をしてくださった皆様。当日、ボランティアスタッフとして参加してくださった皆様。心から感謝申し上げます。子ども達に素晴らしい体験と思い出をありがとうございました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。