アニーこども福祉協会 ブログ

第21回 児童養護施設の子ども達を東京ディズニーランドにご招待

3月16日に第21回 ディズニー招待イベントを開催しました。

招待施設は、児童養護施設「鎌倉児童ホーム」の子ども達です。
「インフォプレナーズジャパン株式会社」様、「株式会社ウィル」様が協賛してくださいました。ご寄付だけでなく、当日は社員の方、ご寄付を下さった皆様がボランティアスタッフとして子ども達の引率にもご協力して頂きました。ありがとうございました。

13031601ディズニー.jpg

9時30分に鎌倉からバスで子ども達が到着しました。おはようございます!とご挨拶をしてグループ毎に別れるとすぐにパーク内に向けて出発です。今回は幼稚園の年長さんも参加してるので、私も少し心配していましたが、スタッフ さんに手を繋いで頂いてニコニコしながら、歩き始めました。

13031604.jpg

「キャッスルカルーセル」付近で休憩中の小学1年生グループは、スタッフさんとすっかり仲良くなり、「ジュースをズボンにこぼしちゃった!」とポップコーンを頬張りながら、笑顔で報告をしてくれました。小学2、3年生男子のわんぱくグループは、以前ディズニーでお仕事をしてらした方がスタッフさんに加わってくださったため、素晴らしいコース取りでたくさんのアトラクションに乗る事ができました。

13031603.jpg

女の子のグループは、アトラクションとショッピングの繰り返しで、あっという間の一日だったそうです。今回もたくさんのボランティアさんにお越し頂きました。子ども達の話に一人一人が耳を傾けて、ディズニーランドでの楽しい経験を共有して頂いたことで、子ども達は大満足の表情で帰りの集合場所に戻ってきました、

インフォプレナーズ(株)の道幸会長さんと(株)ウィルの嶋谷社長さんから、「楽しかった人〜?」の問いかけがありましたが、「は〜い!」と全員の手が上がりました。ご両名からは「楽しかったね!また、会いましょう!」と、ご挨拶を頂きました。

13031602.jpg

施設の職員さんは「こんなにたくさんの大人の方に手を掛けて頂くなんて、施設ではなかなか出来ない事です。どうもありがとうございました。」と、感謝の気持ちを伝えていらっしゃいました。子ども達は「ありがとう!」と、スタッフの皆さんとハイタッチをしていました。

また、今回は、迷子になった子がいたり、お財布を落とした子がいたりしました。このハプニングについて、後日、施設の職員の方は「一般の家庭では、時々迷子やお財布を落とす経験もあると思いますが施設では、絶対に迷子にならないように、無くし物のないように、お出かけをします。子ども達は、経験して初めてわかる事もあります。これからは、自分でも注意深く気を付けるようになると思いますし、話を聞いた子ども達も、気を付けるようになると思います。ありがとうございました。」とお話をされていました。

この度は、子ども達は、楽しくそして貴重な経験もさせて頂きました。
ご寄付だけでなく、当日の引率までご協力頂きまして
どうもありがとうございました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。