アニーこども福祉協会 ブログ

幸せの中で。

久しぶりの更新になりました。
子育て中のお母さんから不平・不満いっぱいのメールや
お電話を頂くことがあります。

ご本人の不満、お姑さんへの不満、そして子どもへの不満。
お金が無いというものや、主人の帰りが遅い、仕事が忙しすぎる・・・
などなど、皆さんには数々の悩みがあるようです。

しかし、少し立ち止まって考えてみて下さい。

・食べることに困っていませんか?
・住むところはありますか?
・きれいな飲み水を手にいれることができますか?
・自由に外を出歩くことができますか?
・安心して寝ることができますか?

お電話を頂いたお母さんに伺ってみると、100%の方から
「はい」という答えが返ってきます。

ところが、世の中にはしっかりと食事をとることの出来ない人もいます。
自分の家を持っていない人もいます。
一生を戦争の中で過ごす人もいますし、外を自由に歩くことさえ
できない人もいるのです。

そう考えると私たちはどうでしょう?
自分たちが「幸せ」の中にいることに気付いて欲しいと思います。

子どもたちに「衣食住」を与えることが出来るということに
感謝したいですね。

チャリティー絵画展が無事に終了しました

「愛・自然と生命への讃歌展」が23日、無事に終了しました。

たくさんの愛溢れるボランティアスタッフさんに
ご協力頂き、無事終了しました。
本当にどうもありがとういございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

絵画展では、たくさんの方にお会いさせていただきました。
イルカセラピー、障がいを持った子どもたちの事、
虐待や育児放棄によって、施設で生活している子どもたちについても
お話させて頂いたり、絵の勉強会で勉強した絵のお話や
ディスレクシアの画家の方、さらにマッケンジーソープさんのご紹介もさせて頂きました。

ダウン症の子や、発達障がいの子どもたちとの出会いもありました。

とっても、素晴らしい絵画展でした。
本当にどうもありがとうございました。

絵画展、いよいよ明日から!

いよいよ明日から、チャリティー絵画展、
「愛・自然と生命への讃歌展」が始まります。
http://aninpo.org/kaigaten.htm

今日は会場準備に大忙しでした。
平日にも関わらず、お手伝いくださったボランティアスタッフの皆さん。
どうもありがとうございました。

約120点の絵画が一面に貼り出されました。
真っ白く無機質な感じだった会場がとっても華やかで素敵な空間になりました。

絵の事は本当に無知だった私でも知っているピカソ。
ピカソのサインがある絵を生まれて初めて観ました。

それぞれの作者の生き方、想いを説明して頂いて
また、本物の絵に触れて、絵の素晴らしさを知りました。

明日はどんな方との出会いがあるのか、
どんな絵が人気があるのか、とっても楽しみです。

皆さん、どうぞお気軽にお越し下さい.

絵画展まであと少し!

いよいよ来週、チャリティー絵画展が始まります.

アートフォレストの古茶さんから絵画の歴史についてのお話を頂きました。

学生時代に美術の授業で聞いたのは、あまりにも遠い昔過ぎてすっかり忘れてしまっておりました.

「モナリザはイタリアルネサンス」、「ミレーは写実主義」、「あっ、主人が好きなレンブランドはバロックだったんだぁ!」

「子供に絵を見せていた頃覚えたミュシャって「アール・ヌーヴォー」っていう種類だったんだ〜」と改めて納得してみたり.まったくのチンプンカンプンで、我ながら、本当に「花よりだんご」だったんだなぁ〜と、再認識しちゃいました。

新しい実行委員の方達も参加して下さり、パンフレットを配布して頂いた感想等を含め実行委員会は終了しました。

集まる度に、「早く見たいね〜」と皆口々にこぼしています.120点以上もの名作たちと、スタッフもとっても楽しみにしております.

楽しい絵画展になりそうです♪

桜とつくしと・・・。

満開の桜も今日の雨で散ってしまいそうです。
毎年、もっと咲いていてくれれば良いのに・・・。と思いながら、散っていく桜を見ています。

ご家族で、お弁当を持ってのお花見は楽しいですよね。しかし、あまりにも桜が綺麗なので、上ばかりを見ていて足元を見ることを忘れてしまいます。








昨日、何気なく足元を見るとつくしがニョキニョキと顔を出しています。なんだか懐かしい感じがしました。昔、妹がつくしを摘んできてお料理してくれた事を思い出しました。

桜だけではなく、他の角度から春を探して見てはいかがでしょうか?自宅に帰ってから、見つけた植物をもう一度図鑑で調べると良いでしょう。

実際に自分が見つけたものが本に載っていると子供達は嬉しくて何度もそのページを開きます。その度に家族で楽しんで見た桜やつくしを思い出します。そして図鑑の面白さから、調べる事の楽しさを覚えていきます。

「自分で調べる力」は学校でも、生活の中でも必要な事ですよね。

絵本や絵を見せてあげて

絵画展実行委員会に、個人レッスンを受けていた子が来てくれました。絵本が大好きな子で、本物の絵に触れることをとても楽しみにしていました。どんな反応をしてくれるのかな??私も少しワクワクです。

絵を目の前にすると、ジーッと見ながらお母さんの話を聞いていたり、自分で指を指して話してくれたりと、いかにも興味津々なようすでした。

帰宅後、この子のお母さんからメールが届きました。

*****************

絵画展は、子連れでOK!うるさくてOK!なんて、有難いお言葉を頂いたので、私もママ友を誘いたいです。
今の大事な時期に本物の絵を子供に見せてあげられるのは、良いですしね。
真も本物の絵を見て、かなり興奮したみたいで、家に帰ってからも、
ハ〜ト、さかな〜、って楽しそうにお母さんに話してました。
本当、今の時期は、あっと言う間に過ぎてしまうんですよね。大切に楽しみたいです。

*****************

おばあちゃんに楽しそうに絵の説明をしている姿が浮かびます。
絵本を好きになることも、絵を好きになることも環境次第なのではないかな?と思いました。

私は自分の子供たちが小さい時、本物の絵を見せてあげることは出来ませんでした。恥ずかしながら、私自身が絵にさほど興味が無かったうえに、見せてあげられる環境が無かったからです。

小さい時の体験はとーっても貴重な財産です。ぜひ、大好きなお父さん、お母さんの語りかけで絵本や絵を見ながら、楽しい時間を過ごして頂きたいと思います。

絵画展実行委員会

4月18日〜23開催のチャリティー絵画展の実行委員会を行いました。
詳しくはこちらへ⇒チャリティー絵画展「愛・自然と生命への讃歌展」



お昼の部では子供たちも一緒に参加し、説明と絵のお勉強です。
本物の絵を真近でみる事が出来、参加した子供達は大喜びでした。
いるかセラピーのお話では、御蔵島のお話が出たりととても、楽しい実行委員会となりました。
夜の部は、会社の帰りに駆けつけてくださった皆さんです。絵のお話だったり、名刺交換でお話が弾んだりと皆さんとの出会いがとても嬉しかったです。




それもそのはず、参加してくださった方達は皆さんボランティアスタッフで、本当に暖かい方ばかりなのですから。中には、お昼の部でお帰りになったにも関わらず夜の部に、急遽、友人が参加になったので、と子供さんを連れてタクシーで戻ってきて下さった方もいらっしゃいました。
皆さんに心から感謝します。本当にありがとうございます。

当日、絵画展には120点もの作品が並びます。
中には、ピカソやシャガールといった「超大物」まで!
美術館ではありませんので、お喋りしながら、子供達と一緒に鑑賞する事が出来ます。スタッフさんはもちろん、絵心の無い私までも楽しめる絵画展になります(笑)




ぜひ、遊びにいらしてください。
また、ボランティアスタッフも募集しています。
http://aninpo.org/kaiga_vol.htm
次回のスタッフ最終打ち合わせは4月10日です。
お手伝い頂ける方は、ぜひご連絡下さい。

再びディズニーランドにご招待♪

最近は、一日一日がとっても早く感じられます。
お正月が明けてバレンタインデーが来たなぁ〜と思えば、
もうあっという間に春です。

さて、3月5日にボランティア企画として、ディズニーランドに行ってきました。
今回も、インフォプレナーズジャパンさんにご協力をしていただきました。

新日本学園の子供達と先生方、そして、インフォプレナーズジャパンさんの社員さんと
ボランティアスタッフさん総勢80人。
さらに、大阪から参加して下さったお医者様、長野から来てくださった若いお兄
さん。「子供達の為に!!」とあったか〜い心を持った皆様です。








観光バスで施設に子供達を向かえに行くと、子供達のワクワクがヒシヒシと伝わってきました。髪飾りがミッキーマウスだったり、ポーチがプーさんだったり…と、準備万端です。先生いわく、出発の支度ははとっても早かったとか…(笑)

ディズニーランドに入ると子供達も大人もみんな目がキラキラです。スプラッシュマウンテンが1番人気!だったようです。スリル満点のジェットコースターはもちろん、最後の大落下の際に写真が撮られるのですが、その写真を見て子供達は大喜びです!「あーっ!目つぶってるー!」と必死な表情のスタッフさんを見て笑ったり、「みてみて!手挙げたんだよ!」と自分の武勇伝を話してみたり…。とにかく楽しそうでした。








日曜日ということもあり、とにかく混んでいたので3〜5個のアトラクションに乗るのが精一杯でした。しかし、お土産を買って、子供達はにっこり笑顔です。

いざ、解散!という時間になっても、ボランティアスタッフさんに「ありがとう」とお礼を言ったは良いものの、名残惜しくてなかなか解散することができません。何枚も写真を撮って、先生にうながされながら、バスに乗り込みました。バスの中では、あれだけ元気だった子供達も疲れたのかぐっすりです。

こうしてディズニーランドでの一日が幕を降ろしました。








ある先生からこんなお話しを伺いました。
「バブルの頃は、豊だったので招待行事がとても多かったのですが、崩壊してから、ほとんどなくなってしまいました。そんな中、ご招待して頂き、とても嬉しかったです。子供達が大喜びしていたのがとても印象的でした。どうもありがとうございました。」

こういった行事を開く事が出来たのも募金をして下さった皆様、そして、インフォプレナーズジャパン会長の道幸さん、前日に夜10時過ぎまで準備を手伝って下さった南ちゃん、実践塾の塾生の皆様、スタッフの皆様のご協力のお蔭です。本当にどうもありがとうございました。

バレンタインデー

このブログを読んで下さっているお母さん!
チョコレートは用意されましたか?

もちろん、「ウチの主人は最近太っちゃって…。」
という方や、食事に気をつけているのでチョコレートはちょっと…
という方もいらっしゃると思いますが
チョコレートではなくても、ご主人が好きな
何かを用意されるのもいいと思います。

子育てにおいて、幼児教育に必要なことはたくさんあります。
その中で本当に大切だなぁと思うこと、それは『両親が仲良し』ということです。
「恋人同士の時は、いつも仲良しだったけど、生活になるとねぇ…。」
「まして、子供がいるとそれだけでも大変なのに…。」
なーんて次第に主人のことは後回し…。

そうなってしまいがちですよね。

でも、今日くらいはちょっと恋人時代に戻って
仲良ししてはいかがでしょうか?
なんといっても、今いるこの可愛い我が子は
隣にいらっしゃるご主人無しでは生まれなかったのですから!
感謝しないといけませんね!

こういった質問を良く受けます。
「先日夫婦喧嘩してから、子供の様子が何だか変なんです。
ぐずったり、イライラしてたり…。
わかっているんでしょうか?」

もちろんです。
子供達は(赤ちゃんでも)分かっていますよ〜。
どうぞ、夫婦仲良くお過ごしください。


実は私もチョコレート用意しました(笑)

崩れかけている小学校

皆さんは「小1問題」をご存知でしょうか?

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20060101ur02.htm

> 義務教育をめぐっては、近年、小学校低学年で、
>集団生活になじめない児童が騒いで授業が混乱する、
>小1問題」が起きている。

確かに、小学校の授業参観で驚いた事がありました。
お喋りは、私達が小さい頃も多少はありました。しかし、途中で、スクッと立ち上り先生に無言のまま、トイレに行く子や、1番前の席に座っているにも関わらず突然立ち上がり、一番後ろのロッカーに教材を取りに行く子、落とした消しゴムを、何列も後ろの席まで、ゆうゆうと歩いて拾いに行く子など私が小学生の時には考えられない行動をする子達が増えているのです。勉強をする以前の問題ですよね。

いつからこんな事になったのでしょうか?

小学校以前の「幼稚園」の変えなくてはいけないのでしょうか?
いわば「幼稚園」の義務教育化ということです。

ある保育士さんからこのようなお話しを受けました。「最近の子供達は、どんどん変わってきて、とても、手が掛かります。先生のお話を聞けない子がたくさんいます。落ち着きがありません。年々ひどくなっています。」

これは、幼稚園、保育園(赤ちゃんは別として)に入園する以前の問題です。家庭での教育がしっかりしていれば、このようなことは無くなっていきます。子供達の回りの環境がどんどん変わる中、普通に子供を育てる、この【普通】という事さえ、分からなくなってきているように思えてなりません。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、本当にたくさんの方々にお世話になりまして
どうもありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は、3月に「児童養護施設の子供達、ディズニーランドご招待」の
企画も決まり、子供達に感動のプレゼントが出来ます。
ご協力頂ける皆さんに感謝いたします。

そして、働くお母さんが増える中、
子育てがおろそかにならず、素敵な親子関係が出来上がり、
子供達の可能性を伸ばすポイントを発信していきたいと思っています。
少子化、だからこそ、子供達を大切に、もう一度、子育ての素晴らしさを
考えていただきたいと思っています。


また、昨年起こりました、子供達を巡る悲しい事件、
今年こそは、こんな事が起こらない年になりますよう
お祈りいたします。

第7回 八景島シーパラダイスご招待

第7回 八景島シーパラダイスご招待


5月14日の土曜日にシーパラダイスの「アクアミュージアム入口」にて集合しました。三春学園と新日本学園の子供達、先生、スタッフ・・・と何と総勢32名という大所帯です。

いいお天気にも恵まれて、子供達も嬉しそうな笑顔を振りまいています。さっそくイルカショーを見るためにアクアスタジアムに向かいました。

「早く始まらないかなぁ〜。」「まだかな〜?」と子供達が首を長くして待っていると、お姉さんがステージの上に出てきました。イルカショーの始まりです!

動物たちの可愛いくてユーモラスな動きに子供達は笑顔を見せ、また、イルカがジャンプするたびに「おぉ〜っ!」と歓声をあげていました。

ショーが終わった後も、「ジャンプ凄かったね〜。」「楽しかった!」と目をキラキラさせていました。


※プライバシー保護のため、一部の写真はぼかし加工してあります。

イルカを見た後はアクアミュージアムにてお魚たちにご対面です。先生とボランティアスタッフと一緒に迷子にならないように見学します。

綺麗な熱帯魚の虜になる子や、サメの種類に詳しい子、カメの泳ぎを夢中で追いかけている子…と子供達は思うがままに水の中の世界を楽しみました。

さて、イルカとお魚に夢中になったので皆もお腹がぺこぺこです。レストランピアットのランチバイキングで腹ごしらえをします。
食べたいものを食べたいだけ食べていいというバイキングに子供達は大喜び。中には「いつもの3倍食べてるよ!」なんて子もいました。

「すご〜い、そんなに食べて大丈夫?」と思ってしまうほどのスゴイ食べっぷりでした。


お腹がいっぱいになったので、少し休憩がてら、最近出来た
ドルフィン ファンタジーに向かいました。ここではたくさんのイルカたちに出会うことが出来るのです。
皆、イルカの持つ癒しパワーによってリラックスしてしまったのか、
今まで見てきた中で、一番ゆっくり過ごしました。

今度は乗り物に乗ります。
一番人気のアトラクションに乗った子達は水を浴びてビショヌレになってしまいました。ところが「まるでおも○○したみたい〜。」とむしろ大喜びでした。


さて、楽しかった一日もあっという間でした。そろそろ解散の時間です。

子供達もどこか寂しそう。ボランティアスタッフさんと握手をする子もいれば、いつまでも振り返り、何度も手を振る子もいます。「ありがとう!」「また遊ぼうね。」「また招待してね。」「今度はどこに行くの!?」と別れを惜しんでいました。

皆様のご協力のお蔭で素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。募金をして下さったみなさん、募金活動を手伝って下さった皆さん、当日お手伝いしていただいたスタッフの皆さん、本当にどうもありがとうございました。


東京ディズニーランドにご招待

東京ディズニーランドにご招待
23日 東京ディズニーランド

(株)ユニブロス通信会長の道幸武久さんが、
『加速成功』出版記念講演で、募って下さった募金で、
児童養護施設の子供達ご招待!が実現しました。

ご協力して下さった皆様のお蔭です。どうも有り難うございました。

朝から大忙しでした。東京ディズニーランドに行くという事もあり、
朝五時に起き、横浜に六時二十分に集合しました。
この時はスタッフの方だけでしたが、なんと池袋や相模原
から来て下さった方もいました。本当に感謝です!

この後、子供達を迎えに行きました。朝早いにも関わらず、
子供達は元気いっぱい!「おはようございま〜す!」「今日はよろしくお願いします!」
と爽やかな挨拶が聞こえました。三春学園から、高風子供園、聖母愛児園へと順々に
子供達が揃っていきました。
こうして子供達と一緒にディズニーランドへ出発進行!
休日という事もあり、渋滞がありましたが、九時三十分には到着しました。

それにしてもディズニーランドの混み具合は尋常じゃないですね。
どこを見ても人!人!人!大所帯での行動は不可能ですので、
スタッフと子供達、総勢六十人のアニーのメンバーをグループに分け、
行動する事になりました。もちろんこの日は自由行動。
「カリブの海賊」や「スプラッシュマウンテン」などのアトラクションを
楽しみました。

(東京ディズニーランドにて)


ボランティアスタッフの方々は「小さい子の相手をした事が無い」
「こういった経験は初めてなので不安」という人もいましたが、
子供達が言う事を聞き、「お兄さん!お姉さん!」「先生!」と慕う姿を
見て「可愛い!」と感動。「体験できて嬉しかった。」という人が
続出するほどいい経験だったようです。

四時にはバスが出発するのでそれまでに子供達はおみやげを買い、
「あと一回乗りたかったなぁ」「あと30分だけ!」と名残惜しそうに
ディズニーランドを後にしました。

ディズニーランドに来るのが初めての子やあまり記憶にないという
子、先生と手をつなぐのが楽しい!という子とたくさんの子が
いました。お店に入れば楽しいものばかり。アトラクションも
ハラハラドキドキ面白いものばかり。「また行きたいなぁ!」
「今度また連れて行って欲しい」と子供達もとっても楽しい経験を
できたようでした。

いつも、施設の子供達向けのイベントがあると、ご協力頂いた皆さんに、とても感謝、
そして子供達の笑顔に、たくさんのエネルギーをもらいます。
日常の運動不足から、筋肉痛になってしまいましたが、とっても楽しい一日を
過ごす事が出来ました。また、行こうね、と子供達と約束しました。

参加して下さった、ユニブロスの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん
ご協力頂きまして、どうもありがとうございました。


東京ディズニーランドにご招待

東京ディズニーランドにご招待
23日 東京ディズニーランド

(株)ユニブロス通信会長の道幸武久さんが、
『加速成功』出版記念講演で、募って下さった募金で、
児童養護施設の子供達ご招待!が実現しました。

ご協力して下さった皆様のお蔭です。どうも有り難うございました。

朝から大忙しでした。東京ディズニーランドに行くという事もあり、
朝五時に起き、横浜に六時二十分に集合しました。
この時はスタッフの方だけでしたが、なんと池袋や相模原
から来て下さった方もいました。本当に感謝です!

この後、子供達を迎えに行きました。朝早いにも関わらず、
子供達は元気いっぱい!「おはようございま〜す!」「今日はよろしくお願いします!」
と爽やかな挨拶が聞こえました。三春学園から、高風子供園、聖母愛児園へと順々に
子供達が揃っていきました。
こうして子供達と一緒にディズニーランドへ出発進行!
休日という事もあり、渋滞がありましたが、九時三十分には到着しました。

それにしてもディズニーランドの混み具合は尋常じゃないですね。
どこを見ても人!人!人!大所帯での行動は不可能ですので、
スタッフと子供達、総勢六十人のアニーのメンバーをグループに分け、
行動する事になりました。もちろんこの日は自由行動。
「カリブの海賊」や「スプラッシュマウンテン」などのアトラクションを
楽しみました。

(東京ディズニーランドにて)


ボランティアスタッフの方々は「小さい子の相手をした事が無い」
「こういった経験は初めてなので不安」という人もいましたが、
子供達が言う事を聞き、「お兄さん!お姉さん!」「先生!」と慕う姿を
見て「可愛い!」と感動。「体験できて嬉しかった。」という人が
続出するほどいい経験だったようです。

四時にはバスが出発するのでそれまでに子供達はおみやげを買い、
「あと一回乗りたかったなぁ」「あと30分だけ!」と名残惜しそうに
ディズニーランドを後にしました。

ディズニーランドに来るのが初めての子やあまり記憶にないという
子、先生と手をつなぐのが楽しい!という子とたくさんの子が
いました。お店に入れば楽しいものばかり。アトラクションも
ハラハラドキドキ面白いものばかり。「また行きたいなぁ!」
「今度また連れて行って欲しい」と子供達もとっても楽しい経験を
できたようでした。

いつも、施設の子供達向けのイベントがあると、ご協力頂いた皆さんに、とても感謝、
そして子供達の笑顔に、たくさんのエネルギーをもらいます。
日常の運動不足から、筋肉痛になってしまいましたが、とっても楽しい一日を
過ごす事が出来ました。また、行こうね、と子供達と約束しました。

参加して下さった、ユニブロスの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん
ご協力頂きまして、どうもありがとうございました。


ハローウィンパーティ

ハローウィンパーティ
今日は英会話スクール・7アクトさんのご好意で、
新日本学園でハローウィンパーティを開催しました。

7アクト株式会社の外国人の講師の方が8人、日本人スタッフが
4人参加して下さいました。
中には南浦和からレッスンがあるにも関わらず少しの時間でも、と、駆けつけて下さった方もいらっしゃいました。
どうもありがとうございました。

1:30から外国人の講師達が持ってきて下さった素敵なグッズを飾り付けし、2:00から34人の子供達と共にハローウィンパーティが始まりました。

初めは外国人の先生になれず、緊張気味だった子供達も、ハローウィンの秘密を教えてもらったり、リズムに合わせて歌ったり踊ったりすることで段々笑顔になり、先生方のひょうきんな踊りを真似して大笑いしていました。

その後もお箸で飴玉を移すゲームで飴玉を貰い大喜びをしたり、皆で先生方の作ってきてくれたのハローウィンの絵に色塗りをしたりして楽しみました。

やっぱり子供達はお菓子が大好きなんですね。
「ゲームの賞品としてお菓子をプレゼント!」と言うと
「ワァー!」と大盛り上がり。

どこの家庭でも同じだと思いますが、学園でも普段は夕飯を食べれなくなるという理由でおやつをそんなに与えないのですが、今日だけは特別ということで、たくさんのお菓子と共にパーティを楽んでいました。

スナックタイムにはチキンやサンドウィッチ、ケーキ、外国のお菓子などを囲んでみんなで楽しく頂きました。
「お茶頂戴」「こっちはジュース」「僕はお水〜」と大家族のお母さんになったような気分。
気がつくと、さっきのお菓子はどこへやら・・・。
子供達の元気なパワーでご馳走をぺろり、嬉しい瞬間でした。
こういった元気な姿を見ると私自身、元気を貰います。



最後にみんなで自分だけのオリジナルのお面を作り、審査員の先生方に表彰をしてもらい、プレゼントを貰って大喜びでした。

このお面をつけて、「trick or treat」(お菓子をくれないとイタズラするぞ!)とイタズラお化けになりきった子供達、そこで、またまた、お菓子のプレゼント。
大盛り上がりの中、大好きになった先生方との写真撮影をして、この楽しいハローウィンパーティは幕を閉じました。

この日、たくさんの子供達と出会いましたが、中には以前スケートに招待した時に来てくれた子もいて、お互いに「あっ!あの人だ」と、声を掛け合った子もいました。

さて、私が特に印象に残った事があります。
塗り絵の時に外国人の先生にアルファベットを教えてもらった男の子がいたのです。初めは英語に戸惑いを隠せなかった彼も、先生に自分の名前を英語で書けるように教えてもらい、最後は実際に書けるようになって、
満足そうでした。
何より嬉しそうだったのは教えてあげた外国人の先生。
「amazing!(素晴らしいよ!)」とビックリでした。
「私にも英語で名前を書いて」という子も続出する程、子供達は英語と仲良くなれたようです。
もちろん、英語が話せない子がたくさんいますが、大きな体の先生とボディランゲージでしっかりと向かい合えてスキンシップを取れたことはとっても大切な経験だと思います。
普段なかなかこういった機会はありませんからね。


世の中には、いろんな人達がいて、色んな世界がある!という事を感じてもらえたのではないでしょうか。

この事は子育てにおいても私が伝えたい事なんです。

それにしても、こういった小さい頃から「英語って楽しいんだ!」と感じてくれるととっても嬉しいです。

最後は、玄関に子供達が勢ぞろい

「バイバイまた来てね〜」
「ありがとう〜」

の大合唱、とっても、楽しい時間を過ごす事が出来ました。


7アクトの皆さん、ご協力頂きました学園の先生方、
本当に、楽しいハローウィンパーティになりました。

どうもありがとうございました。
心から、感謝します。

ハローウィンパーティ

ハローウィンパーティ
今日は英会話スクール・7アクトさんのご好意で、
新日本学園でハローウィンパーティを開催しました。

7アクト株式会社の外国人の講師の方が8人、日本人スタッフが
4人参加して下さいました。
中には南浦和からレッスンがあるにも関わらず少しの時間でも、と、駆けつけて下さった方もいらっしゃいました。
どうもありがとうございました。

1:30から外国人の講師達が持ってきて下さった素敵なグッズを飾り付けし、2:00から34人の子供達と共にハローウィンパーティが始まりました。

初めは外国人の先生になれず、緊張気味だった子供達も、ハローウィンの秘密を教えてもらったり、リズムに合わせて歌ったり踊ったりすることで段々笑顔になり、先生方のひょうきんな踊りを真似して大笑いしていました。

その後もお箸で飴玉を移すゲームで飴玉を貰い大喜びをしたり、皆で先生方の作ってきてくれたのハローウィンの絵に色塗りをしたりして楽しみました。

やっぱり子供達はお菓子が大好きなんですね。
「ゲームの賞品としてお菓子をプレゼント!」と言うと
「ワァー!」と大盛り上がり。

どこの家庭でも同じだと思いますが、学園でも普段は夕飯を食べれなくなるという理由でおやつをそんなに与えないのですが、今日だけは特別ということで、たくさんのお菓子と共にパーティを楽んでいました。

スナックタイムにはチキンやサンドウィッチ、ケーキ、外国のお菓子などを囲んでみんなで楽しく頂きました。
「お茶頂戴」「こっちはジュース」「僕はお水〜」と大家族のお母さんになったような気分。
気がつくと、さっきのお菓子はどこへやら・・・。
子供達の元気なパワーでご馳走をぺろり、嬉しい瞬間でした。
こういった元気な姿を見ると私自身、元気を貰います。



最後にみんなで自分だけのオリジナルのお面を作り、審査員の先生方に表彰をしてもらい、プレゼントを貰って大喜びでした。

このお面をつけて、「trick or treat」(お菓子をくれないとイタズラするぞ!)とイタズラお化けになりきった子供達、そこで、またまた、お菓子のプレゼント。
大盛り上がりの中、大好きになった先生方との写真撮影をして、この楽しいハローウィンパーティは幕を閉じました。

この日、たくさんの子供達と出会いましたが、中には以前スケートに招待した時に来てくれた子もいて、お互いに「あっ!あの人だ」と、声を掛け合った子もいました。

さて、私が特に印象に残った事があります。
塗り絵の時に外国人の先生にアルファベットを教えてもらった男の子がいたのです。初めは英語に戸惑いを隠せなかった彼も、先生に自分の名前を英語で書けるように教えてもらい、最後は実際に書けるようになって、
満足そうでした。
何より嬉しそうだったのは教えてあげた外国人の先生。
「amazing!(素晴らしいよ!)」とビックリでした。
「私にも英語で名前を書いて」という子も続出する程、子供達は英語と仲良くなれたようです。
もちろん、英語が話せない子がたくさんいますが、大きな体の先生とボディランゲージでしっかりと向かい合えてスキンシップを取れたことはとっても大切な経験だと思います。
普段なかなかこういった機会はありませんからね。


世の中には、いろんな人達がいて、色んな世界がある!という事を感じてもらえたのではないでしょうか。

この事は子育てにおいても私が伝えたい事なんです。

それにしても、こういった小さい頃から「英語って楽しいんだ!」と感じてくれるととっても嬉しいです。

最後は、玄関に子供達が勢ぞろい

「バイバイまた来てね〜」
「ありがとう〜」

の大合唱、とっても、楽しい時間を過ごす事が出来ました。


7アクトの皆さん、ご協力頂きました学園の先生方、
本当に、楽しいハローウィンパーティになりました。

どうもありがとうございました。
心から、感謝します。

知性と感性を伸ばす幼児教育

___ アニープログラム _______ 04/03/24 発行 _________ 

   知性と感性を伸ばす幼児教育 No.006 
______________________________________

こんにちは。

1月末からオーストラリアのいるかセラピーに参加してきました。
体験談を書いたり、写真整理をしたりと大忙しで、メルマガが出せませんでした。
本当にごめんなさい。


桜が咲き始めて、ぽっかぽかで良い気持ち、と思っていたら、急に寒くなって、ぶる
ぶるぶる〜。
体調には気をつけましょうね。
お子さんの洋服もこまめに変えてあげてくださいね。

さて、ぽっかぽかで気持ちの良い日は、お散歩に出ましょう。
もちろん、公園でも良いです。

冬の間、見られなかった花をたくさん見る事が出来ますよね。
桜は、季節限定ですから、見逃す事は出来ません。
桜並木を歩きながら、

「ピンク色のカーテンみたいね。」
「桃色の絨毯をお空に広げたみたい。」

などなど。
たくさんお話をする事が出来ます。

お父さん、お母さんの小さい頃の思い出話もいいですね。
お花見に行って、お稲荷さんを食べたとか、おはぎを食べたとか・・。
あっ、食べ物の事ばかりになってしまいましたね。
ボールで遊んだとかでも良いですよね。

近くに桜が無かったら、最近はガーデニングをしているお家もたくさんありますから
ちょっと、立ち止まって見せていただきましょう。
花の名前が分からなかったら、しっかり覚えて帰って、
図鑑で調べてみましょう。

「さっき見たね。きれいだったね。明日も咲いてるかな?」

と、またお話が出来ますね。

お父さん、お母さんがニコニコ笑いながら楽しく教えて下さることによって、自分で
調べる力がつきます。
興味を持った事を調べて、次のステップに進む事が出来るようになるはずです。

是非、楽しんでやってみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃● わくわくするイベント                        ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
突然ですが・・・

 「赤ちゃんがゆがんでいるのを知っていますか?」

こんなことを突然書いて、びっくりしたかもしれません。
ですが、たくさんの赤ちゃんに出会った時・・・

 ・いつも同じ方向を向いて寝ている
 ・頭の形が片方ペッタンコ
 ・子供なのに歯ぎしりをする
 ・おしゃぶりが離せない
 ・ハイハイで片方ばかり使う

こんな、状況を多く見ました。
なんかおかしい。これは、私が子育てしていた時に感じていた事でもあるんです。
他のお母さん達も、同じように感じていました。

そんな時に藤牧先生との出会いがありました。
そして、それらの問題解決の糸口を教えて頂きました。
それも、お父さん、お母さんが出来る方法です。

一見、何の関係も無いように思える・・・

「頭蓋骨(とうがいこつ)から仙骨(せんこつ)の事」

を勉強するとお子さんの体の事はもちろんの事、自分自身の体の事も良く分かるように
なります。
これは、とても重要です。子育てをしていると、お子さんのことばかり気を取られてし
まいますが、お母さんやお父さんの調子がよくないと、お子さんに伝わってしまいます。

なにか、薬を使うわけではなく、自分のちから(そもそもみんな持っています)で治す。
自然治癒力を高めたいと思っている方には、とても、興味のある話ではないでしょうか。

藤牧先生にご賛同いただき、この度アニーでこの「自然治癒力を高めるセミナー」を開
催することになりました。

来月の11日に横浜で行います。
詳しくは、サイトでご覧ください。
申し込みもサイトからお願いいたします。

 http://www.aninpo.org/seminar_2.html

みなさまとお会いできることを楽しみにしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発行:アニーこども福祉協会
  URL: http://www.aninpo.org/
●編集:佐々木祐二

▼メルマガへのご意見・ご感想は下記のアドレスにお願いします。
    mm@aninpo.org

▼メルマガの読者登録解除は次のページより行ってください
  http://www.mag2.com/m/0000114185.htm

全てのメールに返信できるかわかりませんが、すべて読んでおります。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

このメルマガ『アニープログラム 〜 知性と感性を伸ばす幼児教育』は・・・

「絶対にしてはいけない叱りかたとは?」「親子関係が良くなるだっこの方法とは?」
NPOアニーこども福祉協会が世界中で読まれている、”あなたの子供の発育を45日で劇
的に変える方法”を無料で配信します。

をコンセプトに配信しています。是非お知り合いの方々にすすめてください。

なお、『アニープログラム 〜 知性と感性を伸ばす幼児教育』に掲載された記事を
元にして発生した損害やトラブルに対しては、アニーこども福祉協会、代表である大
原信子、および発行人の佐々木祐二はその責を一切負いません。

知性と感性を伸ばす幼児教育

___ アニープログラム _______ 04/03/24 発行 _________ 

   知性と感性を伸ばす幼児教育 No.006 
______________________________________

こんにちは。

1月末からオーストラリアのいるかセラピーに参加してきました。
体験談を書いたり、写真整理をしたりと大忙しで、メルマガが出せませんでした。
本当にごめんなさい。


桜が咲き始めて、ぽっかぽかで良い気持ち、と思っていたら、急に寒くなって、ぶる
ぶるぶる〜。
体調には気をつけましょうね。
お子さんの洋服もこまめに変えてあげてくださいね。

さて、ぽっかぽかで気持ちの良い日は、お散歩に出ましょう。
もちろん、公園でも良いです。

冬の間、見られなかった花をたくさん見る事が出来ますよね。
桜は、季節限定ですから、見逃す事は出来ません。
桜並木を歩きながら、

「ピンク色のカーテンみたいね。」
「桃色の絨毯をお空に広げたみたい。」

などなど。
たくさんお話をする事が出来ます。

お父さん、お母さんの小さい頃の思い出話もいいですね。
お花見に行って、お稲荷さんを食べたとか、おはぎを食べたとか・・。
あっ、食べ物の事ばかりになってしまいましたね。
ボールで遊んだとかでも良いですよね。

近くに桜が無かったら、最近はガーデニングをしているお家もたくさんありますから
ちょっと、立ち止まって見せていただきましょう。
花の名前が分からなかったら、しっかり覚えて帰って、
図鑑で調べてみましょう。

「さっき見たね。きれいだったね。明日も咲いてるかな?」

と、またお話が出来ますね。

お父さん、お母さんがニコニコ笑いながら楽しく教えて下さることによって、自分で
調べる力がつきます。
興味を持った事を調べて、次のステップに進む事が出来るようになるはずです。

是非、楽しんでやってみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃● わくわくするイベント                        ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
突然ですが・・・

 「赤ちゃんがゆがんでいるのを知っていますか?」

こんなことを突然書いて、びっくりしたかもしれません。
ですが、たくさんの赤ちゃんに出会った時・・・

 ・いつも同じ方向を向いて寝ている
 ・頭の形が片方ペッタンコ
 ・子供なのに歯ぎしりをする
 ・おしゃぶりが離せない
 ・ハイハイで片方ばかり使う

こんな、状況を多く見ました。
なんかおかしい。これは、私が子育てしていた時に感じていた事でもあるんです。
他のお母さん達も、同じように感じていました。

そんな時に藤牧先生との出会いがありました。
そして、それらの問題解決の糸口を教えて頂きました。
それも、お父さん、お母さんが出来る方法です。

一見、何の関係も無いように思える・・・

「頭蓋骨(とうがいこつ)から仙骨(せんこつ)の事」

を勉強するとお子さんの体の事はもちろんの事、自分自身の体の事も良く分かるように
なります。
これは、とても重要です。子育てをしていると、お子さんのことばかり気を取られてし
まいますが、お母さんやお父さんの調子がよくないと、お子さんに伝わってしまいます。

なにか、薬を使うわけではなく、自分のちから(そもそもみんな持っています)で治す。
自然治癒力を高めたいと思っている方には、とても、興味のある話ではないでしょうか。

藤牧先生にご賛同いただき、この度アニーでこの「自然治癒力を高めるセミナー」を開
催することになりました。

来月の11日に横浜で行います。
詳しくは、サイトでご覧ください。
申し込みもサイトからお願いいたします。

 http://www.aninpo.org/seminar_2.html

みなさまとお会いできることを楽しみにしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発行:アニーこども福祉協会
  URL: http://www.aninpo.org/
●編集:佐々木祐二

▼メルマガへのご意見・ご感想は下記のアドレスにお願いします。
    mm@aninpo.org

▼メルマガの読者登録解除は次のページより行ってください
  http://www.mag2.com/m/0000114185.htm

全てのメールに返信できるかわかりませんが、すべて読んでおります。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

このメルマガ『アニープログラム 〜 知性と感性を伸ばす幼児教育』は・・・

「絶対にしてはいけない叱りかたとは?」「親子関係が良くなるだっこの方法とは?」
NPOアニーこども福祉協会が世界中で読まれている、”あなたの子供の発育を45日で劇
的に変える方法”を無料で配信します。

をコンセプトに配信しています。是非お知り合いの方々にすすめてください。

なお、『アニープログラム 〜 知性と感性を伸ばす幼児教育』に掲載された記事を
元にして発生した損害やトラブルに対しては、アニーこども福祉協会、代表である大
原信子、および発行人の佐々木祐二はその責を一切負いません。